イグス株式会社

30周年旅日記

去る2014年、樹脂ベアリング「イグリデュール」開発30周年を記念して、
その耐久性を実証するために、イグリデュールを搭載した車が世界ツアーを敢行。
2015年4月に、435日・32ヶ国・100,240kmを走破してドイツでゴールしました。
樹脂の力を実証した、旅の記録をご覧下さい。

改造3週目!

改造3週目!(写真1)

むき出しになった改造車

改造3週目!(写真2)

オルタネーター

エンジンをスタートさせる役割と電気を起こす役割を担うオルタネーター。この車体では、オルタネーターは可動するピンに取り付けられています。ボルトが動くということはアキシャル方向とラジアル方向の動きが分散されます。つまり、オルタネーターとクランクシャフトをつなぐストラップは常に引っ張られている状態になります。このボルトを固定している2つのブッシュを当社製軸受に置き換えます。

改造3週目!(写真3)

オルタネーターを支えるボルト

さらに、サスペンションの上に設置された回転軸受を検証しました。使用頻度が高いために、長期間にわたって圧力や摩擦に耐える必要があります。

改造3週目!(写真4)

元のブッシュ(右)と置き換え予定のイグリデュール軸受(左)

これらは11kNに耐えられるカスタム軸受と置き換えます。

改造3週目!(写真5)

ブッシュがついているのが見えますか?

改造3週目!(写真6)

インテークマニホールド

スロットルバルブ内のインテークマニホールドをチェック。現代のエンジンは燃料があればいい、というのではなく、空気に対する燃料の比率が正しくなければいけません。どれぐらいの空気が入るかは、どれくらい速く加速して運転するかで決まります。小型のアクチュエータで動くシャフトがついており、2つのブッシュがシャフトに組み込まれています。この部分をイグリデュール軸受に置き換えます。

改造3週目!(写真7)

サイドブレーキ

サイドブレーキは車体本体に固定されているモジュールに取り付けられています。取り付けが金属製のボルトか置き換え可能なブッシュなのかを調べてから作業に移りたいと思います。

一覧へ戻る 前の日記 次の日記
ページトップへ