イグス製品の採用事例

エアボート転覆復元システム|リニアガイド使用事例

「エスキモーロールシステム(転覆時姿勢復元装置)」は、エアボートが万が一転覆した場合に、キャリッジ上のバルーンが膨らみ、プロペラガードのアールに沿って膨らんだバルーンの反対位置からバルーンを引っ張ると、バルーンの浮力により船体自体が回転していき船体を元の位置に復元するものです。船体上の後部で回るプロペラを囲うプロペラガードの形状は半円に近く、この曲線上に「ドライリン」リニアガイドのシングルレールを平行に2本取り付け、バルーンの動きをガイドする機能をもたせました。開発した株式会社フレッシュエアーにて曲線にあわせてドライリンも特別に曲げ加工を施しました。