動くところのケーブル編


設計の常識!動く箇所には“動かせる”ケーブル。

<その6>ノイズが発生する時は?シールドはいつ必要?

<その5>最適な『可動ケーブル』を選ぶためのポイントは?

<その4>可動用の光ファイバーケーブルって?色々な“動かせる”ケーブル

<その3>可動ケーブルは2種類?「直行」と「ひねり」の動き

<その2>“動かせる”ケーブルってナニ?

<その1>ケーブルの基本の“き”「電線とケーブル」