イグスのロボットケーブル

ロボットケーブルかわら版・第10回は、イグスのロボットケーブルを取り上げます。「ロボットケーブルかわら版」の「ロボットケーブル」は、機械の可動部で使用される可動ケーブルを指していますが、今回取り上げるのはロボット用の捻回ケーブルです。

CFROBOT シリーズ

チェーンフレックスには、捻回用のCFROBOTシリーズがあります。これは、三次元動作用のケーブル保護管「トライフレックスR」専用のねじれ性能を有したケーブルです。チェーンフレックスケーブルの中でも、三次元のねじれ動作で長寿命を実現するために、捻回動作に特化した構造的な特徴を有するシリーズです。

CFROBOTの検証

CFROBOT ケーブルは、世界最大級の可動ケーブル試験場において、実際の捻回動作にあわせた実動作試験によりその長寿命を検証しています。代表的な試験例は以下の通りです。

ロボットケーブル (イーサネット):
ねじり回数2,200万捻回


バスケーブルCFROBOT8.045(イーサネットケーブル)は、+/-180°捻回するチェーン内で2,200万捻回の耐久実証。

詳しい試験レポートはこちら

ロボットケーブル (光ファイバー):
ねじり回数2,800万捻回


ロボット用光ファイバーケーブルCFROBOT5.501は、捻回テスト+/-180°/mで2,800万捻回の耐久実証。

詳しい試験レポートはこちら

動力用ロボットケーブル:
ねじり数1,700万捻回


動力ケーブル CFROBOT.036は曲げ半径110mmで1,700万捻回の耐久実証。

詳しい試験レポートはこちら

Profinetケーブル:
ねじり回数3,700万捻回


バスケーブルCFROBOT8.060 Profinetは曲げ半径145mmで3,700万捻回の耐久実証。

詳しい試験レポートはこちら

CFROBOT シリーズラインアップ

CFROBOT8.について

CFROBOT8 は、バスケーブルのシリーズです。捻回動作用としては世界初のCAT7対応品がラインアップされています。

CFROBOT8.PLUS

CFROBOT シリーズに、新たにCFROBOT8.PLUSシリーズが登場しました。捻回性能±360°/m の製品です。

チェーンフレックス ロボットケーブル 製品ページへ

以下のフォームにてCFROBOTに関するご質問やお問合せを受け付けております。また、イグスのロボットケーブルかわら版で取り上げてほしいテーマやご要望も承っております。お気軽にご相談ください!

ご質問・お問合せはこちらから!
記事一覧