NFPA79とは?その改定とケーブルに与える影響

設計の皆様にお役に立てるようなケーブルに関する話題について、可動ケーブル担当者がブログ形式でお伝えする、イグスのロボットケーブルかわら版。初回は装置をアメリカへ輸出する際に重要となる、NFPA79とケーブルとの関係について簡単にご説明いたします。

NFPA79 の位置づけ

NFPA79は(National Fire Protection Association)の頭文字を取ったもので、アメリカ電気工事基準(NFPA70=NEC)の中でも特に、産業機械分野についての規格です。産業機械における、人、設備の電気に関する安全のための指針です。

イグスの可動用動力ケーブル「チェーンフレックス」NFPA対応品一覧へ

NFPA79 の改定と可動ケーブルに対する影響

NFPA79 は、実態運用に合わせて様々な改訂がなされています。可動ケーブルの分野では、2012 年版と2018 年版に重要な改訂が実施されています。

2012 年の改定とケーブルへの影響は?

12.9 章では、UL リステッドケーブルの使用を規定していましたが、産業機器の一部として、その目的に合致した使用方法をとる場合は、UL-レコグナイズドケーブルの使用を認める改定です。
これは、UL リステッド品のみでは、選択の幅が狭く、使用用途に合わないケーブル使用によるトラブルを解消する目的で実施されました。

2018 年の改定とケーブルへの影響は?

4.4 章では、インバータ、サーボモータの電源線について、UL リステッドケーブルを優先して使用することを規定していましが、UL リステッドケーブルのうち、PVC 絶縁を除外する〈注1〉改定です。
これは、高いキャパタンスのケーブルが長距離での接続の際に漏れ電流の増加によるトラブルにつながるため、低キャパシタンスである材料の使用を推進するため実施されました。

〈注1〉NFPA79-2018 で推奨されているリステッド型式(RHH,RHW,EHW-2,XHH,XHHW,XHHW-2)

イグスのNFPA79 対応可動ケーブル

エナジーチェーン専用の長寿命可動ケーブルであるチェーンフレックスは、UL レコグナイズド認証のAWMケーブルです。しかしながら、絶縁体に低キャパシタンスである熱可塑性エラストマー(TPE)を採用しているため、 NFPA79対応ケーブルキャリア内可動ケーブルとして最適です。(表1)

NFPA79対応チェーンフレックス可動ケーブルシリーズ名

(表1)NFPA79対応チェーンフレックス耐屈曲/可動ケーブル シリーズ名


イグスの可動用動力ケーブル「チェーンフレックス」NFPA対応品一覧へ

イグスのロボットケーブルかわら版って?

イグスのロボットケーブルかわら版では、設計の皆様にお役に立てるようなケーブルに関する話題について、可動ケーブル担当者がブログ形式でお伝えいたします。
こんな話題が知りたい!などありましたら下のリンクより「チェーンフレックス かわら版で知りたい内容」とコメント欄に記載の上、ぜひお知らせ下さい。

また、より詳しい情報をご希望の場合もお気軽にお問合せ下さい。お問合せ時、かわら版を見られた方はぜひ感想をお聞かせください!

イグスのロボットケーブルかわら版・話題のリクエストはこちら

記事一覧