ケーブルトレイ配線も可動用もこれ一本!MTWケーブル

イグスのロボットケーブル通販、国内在庫一覧はこちら

イグスのロボットケーブルかわら版・第3回は、チェーンフレックス制御・動力ケーブルでは初となるULリステッド (MTWおよびTC-ER) を取得したCF150.ULシリーズについて解説していきます!

MTW規格取得の CF150.ULシリーズ

UL150.UL シリーズは、チェーンフレックスの動⼒/制御ケーブルシリーズでは初となる UL リステッド規格MTW および TC-ER)を取得したシリーズです。現状、1SQx2心、1SQx4心、2.5SQx4心、6SQx4心を先⾏で在庫化し販売を開始しました(2021年3月30日現在)。 製品ラインアップは順次拡大していく予定です。


MTWケーブルとは?

MTW は、Machine Tool Wire の略号で、UL リステッド規格品の一つとして、産業機械の配線用ケーブルとして使用できるケーブルです。このケーブルは、難燃性、耐熱性、耐水性があり、ドライ環境(90℃)、ウェット環境(60℃)で使用可能なケーブルです。

イグスの MTW ケーブル CF150.UL は、従来よりチェーンフレックスが対応している UL リスティング規格(UL758)、 CE 規格(欧州向け)に加え、UL リステッド規格(UL1063)に対応したマルチ規格対応のケーブルです。

このマルチ規格の対応の登場により、チェーンフレックスラインアップの使用可能な箇所が各段に増え、より選択の幅が広がりました。

可動部もケーブルトレイ内の固定部も1本で対応!

最大の利点は、ケーブルキャリアから連続するケーブルトレイへ直接ケーブルを設置できるようになることです。これにより、ケーブルキャリア内用と固定用で異なるケーブルを使用する必要が無くなり、保管コストも低減できます。

規格・ガイドライン

表面印刷例

MTW取得 CF150.ULケーブルについて詳しくはこちら

CF150.UL データシート


CF150.ULシリーズに関するお問合せはこちら!

チェーンフレックスケーブル CF150.ULシリーズ に関するご質問&お問合せは、こちらのフォームからお送りください。また、かわら版のご感想、テーマに関するご要望なども受け付けております。お気軽にご連絡ください!


記事一覧