イグス製品の採用事例

エレベーター|ケーブルキャリア使用事例

ドイツにある最も高いビルのひとつであるボンのポスト・タワーのエレベーターは160mの高さまで人を運びます。エレベーター籠の下に吊り下げられたケーブルは、煙検出器による強制換気システムによって常に通風にさらされており、その結果、横方向への揺れが起きていました。 しかし、エナジーチェーンE2/000とガイドチャンネルを採用することで安定性がもたらされました。



さらに詳しくはこちら