イグス製品の採用事例

クリーンルームでの6軸ロボット|ケーブルキャリア使用事例

プリント基板のハンドリングで、従来の直線型システムに代わり、6軸ロボットが導入。 この多軸ロボットのグリッパーへの給電および制御を、イグスのトライフレックスRがサポートしています。 トライフレックスRは、非常に低摩耗で密閉されたクリーンルーム内での使用にも対応します。 それまで1軸で直線型を使用していたところに6軸ロボットが初めて導入され、プリント基板カセットのローディング・アンローディングのサイクルタイムが7秒以下に削減され、動きの柔軟性も格段に改善されました。(独シュミット・テクノロジー・システム社)


プリント基板のハンドリングには、非常に高い清浄度が求められるため、ロボットは完全にカプセル化された状態で運転します。


このハンドリングシステムのグリッパーは非常に複雑です。ここには、イグスの多軸型エナジーチェーン トライフレックスRを使って、エネルギーおよびシグナルの送達・送信が行われます。


ロボットはプリント基板を、コンベヤベルト2本のうち1本のカートリッジから取り出し、搬送ベルトの上に置きます。 


プラグやコネクトを取付け、すぐに取付けられる状態で納品することも可能


トライフレックスRのエネルギー供給システムは、6軸すべてに対して自由な動きを可能にします。

さらに詳しくはこちら