イグス製品の採用事例

ヘイレーキ|樹脂すべり軸受使用事例

フェラ社は、草刈機、ヘイレーキ及びウインドローアなどの農業用機械を90年以上開発してきました。ヘイレーキの機能は、8本、10本、12本の歯状アームを使用して刈った草をかき集め、茎を束にすることです。この機械のアーム先端の回転部にイグリデュールG滑り軸受が採用されています。大事な収穫期中はもちろん、樹脂製ゆえにシーズン後の洗浄も可能、長い保管期に腐食することもなくなりました。これによりメンテナンス減、しいてはコスト削減につながりました。



「イグリデュール(iglidur®)G」ポリマー製ベアリングの特注品が、ここでロータリーレーキの歯状アームに使用されました。


ロータリーレーキには必ず8本、10本、12本の歯状アームが付いています メンテナンスフリーのポリマー製ベアリングは、機械の寿命が尽きるまで、無潤滑運転の継続が可能です。


ロータリーレーキのCADシミュレーション


歯状アームにポリマー製ベアリング


「システムは問題なく稼動します」と、設計責任者ベルンハルト・コール氏(左)と設計技師ユルゲン・リーデル氏(フェラ社)。右はディルク・ラヌシーニ(イグス)

さらに詳しくはこちら