イグス製品の採用事例

ヘリコプタードローン|ロッドエンド使用事例

このヘリコプタードローンには、ローターブレードのベアリングとして、球面ボール内に金属インサートを入れたロッドエンド「イグボールKBRM」が採用されました。この組合せは、精密ですき間がありません。 駆動による振動からテールローターを分離させる為に、軸受付きの後方ジブが長手方向の軸の周りを回転するように設計されています。ここではイグリデュールW300製フランジ型すべり軸受が採用されました。 またローターヘッドにもイグリデュールW300製フランジ型すべり軸受が使用され、すき間のない構造を実現しています。


ヘリコプター

さらに詳しくはこちら