ハノーバー・メッセ その2

今年のイグスの出展テーマは「smart plastic(スマート・プラスチック)」。

稼働中の生産ラインの状態をセンサーで監視し、
パーツの不具合や摩耗状態をインターネットを通じて知らせます。
インターネット環境があれば端末一つで把握でき、
不具合が予想されるパーツの交換を予め行うことができる、というものです。

工場のスマート化を助けるプラスチック製のイグス製品⇒「スマート・プラスチック」をご紹介します。

そのほか、ロボット向け製品も多く出展していました。


記事一覧