Cologneの景色

皆さんこんにちは、ヨシです。

今日は、春のケルンを皆様にご覧いただこうかと思います。 とはいっても、今日5/1のメーデーという折角の休日なのに、雨で残念な結果になっておりますので、昨日までに近所を散策した際に撮影した写真でもご覧いただこうかと思います。 こちらに来るまで私は知らなかったのですが、ここケルンでは年間約260日は雨が降っているそうで、きれいに晴れた日は、子供を連れた家族が街中にでて散歩をしたり、仲間でサイクリングを楽しんでいるそうです。

街路樹には若い緑が、そして芝生も色づき、春であることを、いやでも感じさせてくれます。

ケルンの景色

ケルンの景色2

ケルンの景色3

太陽の光もまぶしいばかりです。

Cologneの春を存分に満喫していたところ、飛び込んできたこの店!!!

自己主張が圧倒的すぎます。 なぜ、名古屋なのか?名古屋でなくてはいけなかったのか?なぜ、ケルンの姉妹都市の京都じゃダメだったのか?等々、考えればきりがないのですが、機会があれば、今度店内に入ってみようかと思います。

そして最後はケルン市の観光名所の筆頭であるケルン大聖堂です。

ケルン大聖堂

私の住んでいるアパートからケルン大聖堂までは歩いて約20分という立地にあります。 このケルン大聖堂は、第2次世界大戦の空襲の難を辛うじて逃れ、この姿を残していたという事です。その後、大規模な修復工事が行われ、現在の姿になっております。高さは157mであり、1884年までは、世界一高い建築物であったそうです。 下から見上げると、その大きさと荘厳さに圧倒されます。

塔は、中から上ることができるのですが、大人の事情により断念したことを付け加えておきます。

いよいよ明日から、イグス本社での業務が始まります。どのような事が待っているのか、気持ちが高揚します。


記事一覧