イグス製品の採用事例

褐炭発電所スタッカー | エナジーチェーン使用事例

チェコのトゥシミチェ褐炭発電所には、イグスによる世界で最も長い樹脂製エナジーチェーンが設置されています。移動ストローク615メートルという記録的な距離を走行するスタッカーで、エナジーチェーンシステムは10年間トラブル無く動力、データ、媒体を供給しています。

トゥシミチェ褐炭発電所の褐炭備蓄地に隣接して、走行距離615mのエナジーチェーンが稼働しています。褐炭の運搬を担うスタッカーに動力、データ、媒体を供給するケーブルやホースを、世界最長の樹脂製エナジーチェーンがガイドしています。

10年間の運転で交換されたのは、いくつかの樹脂製クロスバーのみ。エナジーチェーン5050RHD型には動力ケーブル/制御ケーブル/データケーブルの他にも、加熱可能な給水ホース(チェーン内部の右側)が収納されています。

ロングストローク向け製品のページへ

置き換え前の様子

エナジーチェーンが採用される前はカーテンケーブル方式による給電システムでケーブルが無造作に吊るされていました。置き換え後、ケーブルはエナジーチェーン内で安全に保護されています。


カーテンケーブル式給電システムの置換について さらに詳しくはこちら