イグス製品の採用事例

押出成形器の計測装置|ケーブルキャリア、可動ケーブル使用事例

インフレーションフィルム押出しは非常に繊細な工程です。製品であるフィルムに直接影響を与える不具合が起こりかねません。非常に高い要求がなされる繊細な測定・制御システムが、製品の幅と厚みを均一にしています。ハーネス済み電力供給システムを使用することで、その作業は安全に行われ、要求される品質を提供することができています。(KÜNDIG&CIE社)


ハーネス済電力供給システムを使用したコンパクトな測定・制御システム


低速度にもかかわらず、ケーブルは常に様々な動きをするトレーンによって負荷がかかります。


回転走行のためのチェーンは最長5.25mで水平型仕様では最長3.8mです。


エナジーチェーン用に特別開発されたチェーンフレックスケーブルを使用してから問題が全くなくなりました。


(左)ピーター・ブンター氏(KÜNDIG&CIE社) (右)アンドレアス・ヴォルケル(イグス スイスCEO)

さらに詳しくはこちら