e-chains & my Dad エナジーチェーンと父

番外編として、インターン生の日本滞在記を2か国語にてお送りします。

Good morning, here we go again. The third day in Tokyo. I sleep well, much better than my first night because I left the AC on. This is really necessary if you don’t want to weak up in the middle of the night sweating and dehydrated.

おはようございます、さあ始まりました。今日は東京での3日目です。昨夜はエアコンをつけっぱなしにして寝たため、初日よりもずっとよく眠ることが出来ました。夜中に汗で脱水症状を起こしたくなければ、これは本当に必要なことです。

The sweat thing is really a problem for everyone here. Outside are more than 30 degree, the buildings are cooled to around 22 to 24 degree and the trains are so cold that your neck gets cold. So you sweat if you leave home probably enter a train and then it feels like you are in a freezer. The high humidity doesn’t really support the body cooling system. Mean that the sweat doesn’t vaporize on your skin and the body doesn’t get cooled. Enough from this temperature problem.

汗については、ここでは誰にとっても問題です。外は30度以上で、ビルの中は冷やされて大体22度~24度、電車の中はとても冷えていて首が冷たく感じるほどですが、この高湿度では、体を冷やす汗のシステムもほとんど助けにはなりません。つまり汗が肌の上で気化せず、体が冷やされないのです。温度の問題はひとまずこれくらいにしておきます。

After a cool shower and a nice breakfast consisting of white bread and sausage I bought with Mr. Kitagawa I went to the office. At the arrival Ueno-san introduced me into the blog after I have told her that I write a personal diary. So I began to write.

冷たいシャワーと、北川さんと一緒に買った白パンとソーセージの素敵な朝食の後、僕は会社に行きました。到着後、ウエノさんに僕が個人的な日記を書いていることを話すと、彼女は(今書いている)このブログを僕に紹介しました。そして、僕はこのブログを書き始めました。

While I was doing this Sugita-san interrupted me to invite me for lunch later with him and Okumura-san. We went to OOTOYA a food chain with a big menu. I ate fish with some kind of bean rice, radish, miso soup and tofu. The rice and miso soup are very delicious and the grilled fish, of course, too. I didn’t like the tofu even with soy sauce, It's not to my taste.

書いていると、スギタさんが後でオクムラさんとランチに行こうと誘ってくれました。私たちは大戸屋という沢山のメニューがあるチェーン店に行きました。僕は魚と、ある種の豆ごはん、大根、豆腐の味噌汁を食べました。ご飯とみそ汁、そしてもちろん魚もとても美味しかったです。ただ、豆腐だけは醤油をかけても嫌いで、私の口には合いませんでした。

After lunch Sugita-san introduced me the E-Chain and show me a lots of areas of application. I was surprised how often igus is in our daily life. He also brings new insights how differently the E-Chains are. This helps me to understand what they really do here. Especially my Dad work as a field staff and now I understand what he is everyday doing when he drives to customers and write the reports. He take a look at the machine, offers the customer an offer and “build” the E-Chain on the paper. Then he talks to his coworkers in cologne if this E-Chain is possible to assemble and how he can haggle with the price.

ランチの後、スギタさんがエナジーチェーンの様々な使用事例を紹介してくれました。僕は、イグスが、日常の中にこんなにも多く使用されていることに驚きました。彼はまた、各エナジーチェーンがどれ程異なっているかについて僕に新たな発見をくれました。これはチェーンを深く知るのに役立ちました。特に僕の父は(ドイツで)営業として働いており、僕は今、彼が毎日車でお客さんの所に駆けつけレポートを書いているとき何をしているかを理解しました。彼は機械を見て、お客さんに提案をし、紙の上でエナジーチェーンを組み立てるのです。そして、このエナジーチェーンの実現可能性や価格について、ケルンの同僚と話をするのです。

Back to Japan; after the meeting my worktime was almost over. I’ve finished my text for the first day and then I went shopping with Barreau-san. He is my France coworker and run the IT here in Tokyo. Before he went to Japan he was a Chef in France so he can helped me to buy more than prepared food. And there are a few thing that are different to German stores.

日本の話に戻すと、ミーティングの後、仕事はほぼ終わり、初日の日記を書き終えて、バローさんと買い物に行きました。彼はフランス人の同僚で、東京のイグスでITの仕事をしています。彼は日本に来る前フランスでシェフだったので、僕が出来合いの惣菜を買うよりも良い買い物ができるよう助けてくれました。

First of all everything is packed in plastic, even plastic is packed in plastic. But this isn’t even the worst thing. In Japan it’s very difficult to cook fresh, real fresh with fresh vegetables, fresh meat and fresh spices. Everything is already prepared and you just have to warm it up or microwave it. It’s more like Build-your-meal. You have a ground (Rice or noodles) and then you warm up what you want to taste (as a prepared sauce or vegetables) after that you can decide if you want some kind of a topping like tofu or meat. The only thing what isn’t prepared are the meat, sometimes, and the vegetables.

まず最初に、すべてがプラスチックでパックされています。プラスチックでさえプラスチックにパックされています。そしてさらに悪いことに、日本では、本当に新鮮な野菜や肉、スパイスを料理するのは、とても難しいのです。全ては事前に準備され、後は温めたり、レンジでチンするだけです。これは料理を作るというより、組立てるような感じです。土地があり(米や麺)、それから食べたい味を(調理済みのソースや野菜として)温め、後は必要なら豆腐や肉といったトッピングの種類を決めるだけです。事前に調理されていないのは、肉やその他、そして野菜だけです。

But back to the store we went with Barreau-san, I bought a microwave noodle cooker, a microwave rice cooker, two kilograms of washed rice, a lot of prepared taste. Like three kind of pasta, two different sorts of Onigiri spices and a few bags of rice taste like a dry curry or so. I also bought Mochi with sweet beans, they taste good but you can’t eat more than one per day. In the picture you see them (one of them is already in my stomach). For those who don’t know what Mochi is it’s rice. Very sticky and fine milled rice, they have a very special texture.

店の話に戻ると、バローさんと共に、僕は電子レンジヌードル茹で器、電子レンジ炊飯器、2キロの無洗米、多くのレトルト食品 (例えば3種類の味の違うパスタ、2つのおにぎり用スパイス、ドライカレーなどいくつかの味付き米など) を買いました。僕はまた甘い豆の入った餅を買いました。これはとても美味しかったのですが、一日1個以上を食べなくてはなりません(編集注:おそらく賞味期限のため)。写真はその餅です(うち一つはすでに僕のおなかの中です)。餅を知らない人のために補足すると、餅は米からできています。細かい米粉から作られ非常に粘着性が高く、とても特別な触感です。

When I was home I began to cook to recipe from Burreau-san and I think this was the freshest thing I will ever cook here. I cooked bamboo shoots and just added already cooked noodles with a little bit water. After the noodles are heated up and absorbed the water I added flavor what was in the package of the noodles. And it was surprisingly good. I will cook it often. After the diner I stayed in my room to call my dad and relax. This is the end of my day and I want to believe that I can master now the basic survival in Tokyo. Not like a master but I will survive.

家に帰り、僕はバローさんに教えてもらったレシピで料理をはじめました。これは僕がここに来てから今まで調理した中で最も新鮮な料理です。僕は筍に茹でておいた麺を加えて、少しのお湯を加えました。麺が十分に温まり水を吸ったら、麺のパッケージに載っている味付けを加えました。これは驚くほど美味しかったです(編集注:おそらく焼きそばのこと。筍=もやしミックス)。僕はこれをまた作ろうと思います。夕ご飯の後は父に電話しリラックスして過ごしました。そして一日が終わりました。僕は東京での基本的なサバイバルスキルをマスターしたと信じたいです。マスターはしなくても、サバイバルは出来ると思います。


記事一覧