VR Zone Shinjuku VRゾーン新宿へ

番外編として、インターン生の日本滞在記を2か国語にてお送りします。

VRゾーン新宿 外観

VRゾーン新宿 外観

Today I will go to the VR Zone Shinjuku with Barreau –san. This was the plan, disadvantageous Barreau-san flight was delayed and he can’t arrive early enough to go with me. So Kunita-san jumped in at short notice and went with me to the VR Zone Shinjuku.

今日はVRゾーン新宿にバローさんと行く予定でしたが、バローさんの搭乗予定だった飛行機が遅れ、間に合わなくなってしまいました。なので急遽クニタさんが僕と一緒にVRゾーン新宿に行ってくれることになりました。

VRゾーン新宿 内観

VRゾーン新宿 内観

When we arrived at 10:30 am the amusement park was so empty that the longest queue was 15 minutes long. The VR Zone is a building where you can play VR Games with some other enhancements like a treadmill for better walking simulation or a wheelchair simulator to give you the feeling to be in a wheelchair. This is very cool and allows a deeper dive into the VR.

私たちが10:30にアミューズメント施設に到着した時、館内はガラガラで最も長い待ち時間でも15分程度でした。このVRゾーンは、VR(バーチャルリアリティ)の体験をより強める装置と組合せてVRゲームを遊べる施設です。例えばVRゲームとトレッドミルを組合せてより(ゲームの中を)歩いている感覚をシミュレートしたり、車椅子型の乗り物と組合せ(ゲームの中で)車椅子に座っている感覚を模したりします。これはとってもクールで、これによりVRの世界に深く入ることができます。

Our ticket was valid for four rides we can choose from a program with around fifteen games. First we tried the Ski simulator and it was very cool. For me and Kunita-san it was the first time to be in a VR and the Ski slope was a good entry, even we die often.

私たちのチケットは、約15のゲームから4つのプログラムを体験できるものでした。最初に私たちはスキーのシミュレータをプレイしましたが、これはとっても良かったです。僕もクニタさんもVRは初めてで、スキーのスロープは最初のアトラクションとして最適でした。ただ、私たちは何回も死にました。

After the relaxing, but high speed, ride on fake Ski we decided to go to the horror attraction. The story was you and your friend have to escape from a haunted hospital chained on a wheelchair. This was the most intense experience so far.

少しの休憩の後、けれどもハイペースで、私たちは次にホラー系のアトラクションに行きました。このお話は、車椅子に繋がれたまま、幽霊の出る病院から友達と一緒に脱出しなければならない、というものでした。これはこれまでで最も強烈な経験でした。

After we escaped successful our heart rate have to calm down. So we have a break and went then to an attraction called “Hanechari”, there you have to ride a wood winged bike to a castle in the air. This was very relaxing because you can watch around and see the beautiful world they have built for this.

Our last attraction was “GALAGA Fever” an arcade shooter in a new look. I recommend it because it has the funniest gameplay.

無事に脱出した後、私たちは心拍数を落ち着ける必要がありました。なので休憩を取り、次に「ハネチャリ」という、木製の翼をもつ自転車に乗り空中に浮かぶ城に向かうアトラクションに行きました。これは空と作られた美しい世界を眺めながら遊べて、とてもリラックスできました。

最後のアトラクションは「ギャラガフィーバー」という、最新の装置のシューティングゲームでした。これは一番ゲームとして楽しめてプレイでき、お勧めです。

「アーガイルシフト」の「アイネ」の看板

After this mission all of your four tickets were used. But there was one more attraction we really want to ride. It is called “Argyle Shift” and you play a big warrobot and have to enter the battlefield with an AI on your side. I was disappointed, this was more like a movie than a game and you feel there the creators put their creativity in. The AI called “Eine”. For me she was more distraction and I can’t stay straight when she was acting. But try it by yourself if you are in Shinjuku, you will see what I mean.


これで4チケットを使い切りました。ただ、私たちはどうしてもあと一つ乗ってみたいアトラクションがありました。これは「アーガイルシフト」と呼ばれ、巨大な戦闘ロボットにAIヒューマノイドと一緒に乗り、戦場に行かなくてはならないというものです。これは少しガッカリでした。ゲームというよりもむしろ映画のようで、クリエーターの想像力を感じるものです。「アイネ」と呼ばれるAIヒューマノイドは、僕にとっては気が散ってしまうもので、彼女が登場するとどうしていいか分からなくなりました。でもとにかく、もし新宿に行く機会があればぜひ試してみてください。僕の言った意味が分かると思います。


After the long explanation what we was doing there I will tell you why we was doing this. The enhanced VR products like the Bike for “Hanechari” or some kind of running game used igus E-Chains to manage their cables in the moving parts. So we look around make pictures and talked about the product.

何をしたかの説明を長々としましたが、ここで、そもそもなぜ行ったのかをお伝えしたいと思います。このVRゲームを強化する装置、例えば「ハネチャリ」での自転車や、その他いくつかのランニングゲームにはイグスのエナジーチェーンが可動部のケーブルを保護・案内するために使われているのです。私たちはそれらを見て回り、写真を撮影し、製品について話をしました。

ハネチャリの自転車

ハネチャリの自転車

ハネチャリの自転車のエナジーチェーン部分

ハネチャリの自転車のエナジーチェーン部分

恐竜サバイバル体験のトレッドミル

恐竜サバイバル体験のエナジーチェーン部分

エヴァンゲリオンVR魂の座


After the VR Zone we went to a familiar Korean BBQ restaurant. This time I know how to eat there and it wasn’t embarrassing. But we do another mistake, we ordered cheesy chili chicken. I don’t want to explain a lot but we both know spicy Korean food reimagine the word hot. So we ordered a bowl of rice and vegetables and mix it with the chicken from hell. This was actually really delicious and nice with a good amount of hot but we are full a short time later.


VRゾーンの後、私たちは慣れた韓国焼肉のお店に行きました。今回はどうやって食べるか分かっているので、恥ずかしい思いをしませんでした。しかし、私たちはチーズのかかった辛い鶏肉を頼んでしまうという、また違った間違いをしてしまいました。詳しくは言いませんが、私たちはどちらも、韓国の辛い食べ物は熱いくらいだということを知っていました。なので、私たちはライスとサラダも一緒に注文し、辛い鶏肉を中和しようとしました。ですが、実際には料理は絶品で、すぐにおなか一杯になってしまいましたが、辛さもちょうど良かったです。


We walked a little bit in Korea town and then went to the Yoyogi Park because I wanted to visit a park. The Yoyogi Park is really relaxing and spiritual because there is a temple inside. But we don’t go this far because the weather was too hot. Really hot and steamy 32 degrees.

韓国街を散策した後、公園に行きたかったので代々木公園に行きました。代々木公園は、中に神社(隣の明治神宮)があり、とても落ち着いていて神秘的でした。ただ、本当に暑くて湿度が高く、32度もあり、神社の一番奥まで行くのはあきらめました。

So we go back to Kinsicho Station and finished the work day. At home I relaxed and cooled down, then go back outside to my German friends who has their last evening in Tokyo. Together we walked in Akihabara and decided to eat at Otooya. The evening was really relaxing and funny, especially the Arcade visit. After a goodbye I went home and go to bed.

錦糸町駅に戻り、今日の出勤が終わりました。家でクールダウンしリラックスしてから、東京での最後の夜を過ごすドイツ人の友達に会いに出掛けました。一緒に秋葉原に行き、大戸屋で夕飯を食べました。特にアーケード街が面白く、楽しくリラックスした夜を過ごせました。友達と別れた後は、家に帰り横になりました。


記事一覧