イグス製品の採用事例

アルミナ生産・貯蔵施設 | エナジーチェーン使用事例

酸化アルミニウムの生産に使われる堆積岩であるボーキサイトの運搬/貯蔵施設内の様々な給電システムに、イグスのエナジーチェーンが使われています。以前使用されていたモーター駆動型のケーブルリールは、メンテナンスに手間がかかり常にトラブルを引き起こしていました。ケーブルキャリア「エナジーチェーン」に置き換えてから、現在まで何年もの間、問題なく稼働し続けています。


ドイツの主要アルミナ生産会社であるAluminium Oxid Stade社


ボーキサイトが貯蔵される大きなホールの屋根のすぐ下に設置されているケーブルキャリア。ボーキサイトの貯蔵施設は粉塵が激しく、時には湿気ももたらされるため、非常に過酷な周囲環境です。プッシュプル力検出システムが、ダメージが発生する前にシステムをシャットダウンします。

採用製品:過酷な条件向けエナジーチェーンへ

ストローク長330mのスタッカーの電力供給システム


汚れや粉塵が特に堆積しやすい環境。 外側にストップドッグが付いたエナジーチェーンが使用され、汚れの堆積を防いでいます。

スライド走行についてはこちら

船への積み下ろしを行うクレーンの電力供給


船への積み下ろしを行うクレーンのモーター駆動型ケーブルリールの代替として、イグスのエナジーチェーンが装備されました。ローラー式エナジーチェーンは、 ローラーによって必要な動力を57%削減できるため、システムの寿命が大幅に延長します。チェーンフレックス動力ケーブルCFCRANEシリーズや光ファイバーケーブルCFLGシリーズも使用されています。

採用製品:ロールEチェーンのページへ さらに詳しくはこちら