イグス製品の採用事例

自動車部品工場の予知保全 | エナジーチェーン使用事例

オーストラリアの自動車部品製造工場では、ピーク時には6,000台以上、平均して14秒ごとに1台のエンジンが組み立てられます。このような生産は、信頼性の高い部品を備えた高度な自動化でのみ達成が可能です。予期せぬ故障による機械の停止を防ぐために、イグスのスマートプラスチックが採用されました。



エナジーチェーン内のポリマー製ワイヤーにより、isenseEC.Bセンサーモジュールは保護管の状態を監視します。保護管が破損した場合、機械は自動的に停止し二次損傷を防ぎます。


isense EC. Wモジュールは、クロスバーに埋め込まれたセンサーが保護管の摩耗の進行を知らせます。 摩耗データの測定によって、保護管の残存寿命を予測し、早い段階で交換の計画を立てることができます。


イグスのスマートプラスチックについて さらに詳しくはこちら